ヒップスラストに!凹凸があり滑らない最適な傾斜角度 フレックスバレル(アーチ型)
ストレッチ&骨盤調整 ピラティス ヨガ ペアストレッチ 英語でストレッチ
フレックスバレル(くじら型) ピラティス フレックスバレル(くじら型) アスリート向け フレックスバレル(アーチ型)ヒップスラスト 四股の踏み方 相撲のテッポウ

フレックスバレル アーチ ヒップスラスト

ヒップ(Hip=お尻)、スラスト(Thrust=押し上げる)は、お尻を鍛えるトレーニングとして人気があります。 フレックスバレル(アーチ型)を活用することで、背中を痛めず、傾斜を利用してスムースにThrustすることができます!

ヒップスラスト with フレックスバレル(アーチ型)

(監修&指導:松商学園高等学校ウェイトリフティング部 金井洋貴先生)

ヒップスラスト with フレックスバレル(アーチ型)

(監修&指導:松商学園高等学校ウェイトリフティング部 金井洋貴先生)

フレックスバレル(アーチ型)の主な採用実績
プロ野球6球団・プロサッカーチーム・ドームアスリートハウス・GRIT NATION・松商学園ウエイトリフティング部・Spitzen Performance コンディショニングセンター・COUGS 芦屋・NeeDS トレーニングジム 他多数
フレックスバレル(アーチ型)
友岡和彦さん(元MLBナショナルズ ヘッドS&Cコーチ)
ヒップスラストの際、ベンチを使うよりもフレックスバレル(アーチ型)の方がやりやすくなりますね。持ち運びも楽なので、遠征中のアスリートのトレーニングにも活用できます。
 
金井洋貴さん(松商学園高等学校・ウェイトリフティング部監督)
ヒップスラストの際、器具で苦労していましたが、フレックスバレル(アーチ型)の絶妙な傾斜とクッション性、滑らない背中との設置面、とてもやりやすく、お薦めです。トレーニング室で重宝しています。

▲ page top