相撲の股割りをヒントに開発。フレックスクッション
ストレッチ&骨盤調整 ピラティス ヨガ 2人組ストレッチ
英語でストレッチ フレックスバレル ピラティス フレックスバレル アスリート向け 四股の踏み方 相撲のテッポウ

相撲のテッポウ(鉄砲)動画あり

【実演&解説】坂田直明(立教大学相撲部 監督 / フレックスクッション開発者)

テッポウの基本姿勢

全身の位置
相撲のテッポウ(鉄砲)の全身の位置

スタート(左画像)

  • 両かかとの間は約25㎝
  • 腰は少し下ろす。パワーポジション(=一番力が入る位置)

テッポウの動作中(右画像)

  • 右手と右足が一緒に前に
足の基本位置
足の位置
  • 足も膝(ひざ)もガニ股。45~50度開く。
  • かかとの間は約25cm空ける
  • 体重は親指の付け根~母指球に
  • 膝(ひざ)を少しだけ緩め、腰に力が入るポジション
顔の位置・目線
顔の位置・目線
  • アゴを引く
  • 上目づかい
腕や手の位置
腕や手の位置
  • 肘(ひじ)から前に出す感覚で
  • 結果的に腕と手が前に出る
  • 脇を閉めたまま(脇が開かないように=相撲の基本)
  • 手もガニ股(45~60度)
Step 1タイミングを取る練習

まずはタイミングを取り、盆踊りやダンスのように基本の動きを覚える。呼吸も大事。

\テッポウの基本姿勢/
  • 下記のテッポウの基本姿勢を参考に。
  • 肘(ヒジ)から前に出す感覚
  • 脇を締めて
\呼吸に関して/
  • テッポウ柱を叩く際、腹から息を吐く
  • 「シュッ」と歯の間から一気に空気を吐く
  • 体全体を基本姿勢に戻す際、自然に息を吸う
*Level 2 / Level 3にも共通
Step 2テッポウ モダン版

現在、主流になっているテッポウのスタイル。腕や手の上下の動きがないのが特徴。まずはこれをマスターしよう。

\手と足の連動した動き/
  1. 右手右足を同時に前に出し、柱をたたく
  2. 右足を後ろに戻しながら、同時に左手を後ろに引く
  3. 左手左足を同時に前に出し、柱をたたく
  4. 左足を後ろに戻しながら、同時に右手を後ろに引く

(1~4の繰り返し)


Step 3テッポウ クラシック版

昭和時代に多く見られたテッポウ。突いていない腕(かいな)を返しているのが特徴。肩甲骨周辺もストレッチされる。完成形。

\手と足の連動した動き/
  1. 右手右足を同時に前に出し、柱をたたく
  2. 右足を後ろに戻しながら、同時に左手を後ろに引き、右手の腕を返す
  3. 左手左足を同時に前に出し、柱をたたく
  4. 左足を後ろに戻しながら、同時に右手を後ろに引き、左手の腕を返す

(1~4の繰り返し)


テッポウの目的
  • 体幹部を強化し、押す&前に出る力をつけるトレーニング
  • 腰から出る力を腕を経由して効率的に前に押す力に変えるトレーニング
  • 四股(しこ)の上半身版。肩甲骨周辺を動かし整える。ケガ予防。
テッポウの特徴
  • 強度の調整が自由自在な自重トレーニング
  • 相撲の動きをしながらの実践的なトレーニング
  • 同側(どうそく)の動きがとても日本的 =右足と右手が一緒に前へ 左足と左手が一緒に前へ

テッポウの前後にお薦めのストレッチ

【コンセプト】 ウォームUPとクールダウンでストレッチをしましょう!フレックスクッションを使うと、より効果的です。
フレックスクッション®使用 1 2 3 4
テッポウの前後にお薦めのストレッチ 両足を合わせて膝を押す テッポウの前後にお薦めのストレッチ 体側と股関節のストレッチ テッポウの前後にお薦めのストレッチ 上体のストレッチ テッポウの前後にお薦めのストレッチ 骨盤の前後に動かす
骨盤を立て、
効果的にストレッチ
両足を合わせて膝を押す 体側と股関節のストレッチ
左右に体を倒しながら
上体のストレッチ
胸椎・胸郭周辺を伸ばす
骨盤の前後に動かす
開脚しながら骨盤を前後に
四股の前後のお薦めストレッチ

フレックスクッションの主な採用実績

フィットネスクラブ多数プロ野球12球団+選手200名以上・米国4球団・日本代表チーム+選手多数。プロサッカー15チーム・米国陸上代表選手・米国シンクロチーム・ラグビー(パナソニック・東芝・NEC・リコー・帝京大・慶應大・他多数)・陸上競技(旭化成・富士通・トヨタ紡織・大阪ガス・福島大・中央大・慶応大・創価大・他多数)東海大&国士舘大柔道部・高砂部屋・玉ノ井部屋・競輪選手・プロゴルファー・五輪選手(フィギュア&スピードスケート・スキー・ハンマー投げ・卓球・陸上競技・他)・整骨院、リハビリ&介護施設・ドームアスリートハウス・米国PerformBetter社・米国Medco社等

フレックスクッション


研修情報

▲ page top