発売5周年。フレックスクッション。感謝の気持ち。

フレックスクッションのユーザーの皆様へ
いつもフレックスクッションをご愛用いただいている皆さん、使っていただき、ありがとうございます!
末永く使っていただくこと、それが開発者として一番嬉しいです。
 「ストレッチやりやすいよね!」
 「調子良くなったよ」
 「運動前のコンディション作りに最高!」
 「体がちょっと柔らかくなったよ」
 「いつも使ってるよ!」
 「フレックスクッションを使ったレッスン、大人気だよ!」
 「あの選手も使ってるよ」
 「試合に持ち運んでるよ」
 「この間、フレックスクッション見たよ!」
 「こんな使い方もあるよ!」
 「相撲の<股割り>をヒントに作ったてのがいいね!」
 「DVD、よくできてるね」
そんな言葉に、いつも元気と感動をもらってます。
2006年11月初旬に発売を始めたフレックスクッション。
お陰様で、発売開始から5年が経過しました。ありがとうございます。
相撲の「シコ・テッポウ・摺り足・股割り」の素晴らしさをフィットネスを通じて広めたい、ビジネス化したい、と思って起業しました。当初、主力ビジネスにしようとした「スモウ・エクササイズ」は、ビジネスとしてはうまくいきませんでした(笑)が、方向を変え、スモウエクササイズの付属品として開発した「フレックスクッション」を、単独で商品化しました。大きな転機でしたが、今振り返ってみると、良かったなぁ、と思います。
フィットネスクラブ、スポーツ界、トレーニングジム、そして一般家庭、アメリカのプロアスリートやピラティススタジオ等、お陰様で徐々に普及してきました。2006年の起業当初から、応援・激励・見守ってくれている家族、恩師、工場&製造関係者の皆さん、友人、先輩・後輩、それからベンチャー施設のマネージャー&アドバイザーの皆さんに心から感謝申し上げます。
相撲の話を少しします。
私は、子供の頃から、野球と相撲が大好きでした。
小学校の砂場で、「オレ若島津!」「オレ隆の里!」などといって、たまに相撲を取っていました。おばあちゃんの家に行くと、いつも相撲のテレビ中継を見ていて、それも楽しかったです。特に「隆の里」の大ファンでした。人気の千代の富士をやっつけるのが特にカッコ良かったです。場所前に急逝された隆の里(先代鳴戸親方)、安らかにお休みください。そして、新大関・稀勢の里(鳴戸部屋)に頑張ってほしいです!
さて、大学で相撲部に入ったが、体が硬くて、「股割り」等のストレッチに苦労しました。
そんな時に、俵の上にお尻を乗せ、ストレッチすると、やりやすかった。
そのことを長年覚えていて、それをヒントにフレックスクッションを開発しました。
相撲がなければ、今の商品も思いつきませんでした。
くじけない心、そして、「もう一丁!」の精神、先輩・後輩の温かさ、稽古をした仲間、そんなことも全て相撲を通じて学びました。相撲に心から感謝です。
フレックスクッションを通じて、少しでも相撲のこと、シコのこと、テッポウのこと、摺り足のこと、股割りのこと、そして、大相撲のこと、子供と相撲を取ること、そんなことを意識していただけたら幸いです。
今後もフレックスクッション、そして、シコ・テッポウ等の相撲のトレーニングの普及にも努めて参りたいと思います。引き続き、前に進めるよう、がんばります!よろしくお願い致します。
感謝
サンテプラス
www.santeplus.jp
坂田直明